神戸の相続・不動産問題なら
坂田法律事務所
弁護士 坂田 智子
(兵庫県弁護士会所属)

〒650-0015 兵庫県神戸市中央区多聞通1丁目1番4号 のじぎくコーポ2階

受付時間:8:30~18:30(土日祝を除く)
JR神戸駅北口から徒歩3分。近くにパーキング多数あり。

相続相談 初回無料

相続、所有・共有不動産に関することはなんでもご相談ください。
風通しの良い応接室。オンライン相談も対応可。
お電話をお待ちしています。

まずはお電話下さい。

078-371-0637

相続開始から10年を経過すると特別受益は無効になる?

特別受益とは、共同相続人の中に、被相続人から、遺贈を受け、または婚姻もしくは養子縁組のためもしくは生計の資本として贈与を受けた者があるときは、遺産分割をする時に、その遺贈または生前贈与の価額を持ち戻してから各相続人の相続分を計算できる制度です。

しかし、相続開始から10年間遺産分割をせず、10年を経過してから遺産分割をする場合には、特別受益と寄与分の主張が出来なくなる改正法が国会で成立しました。

遺産分割を促すことで、遺産不動産について、相続登記未了のまま放置されて所有者の把握が困難になったり、管理不全になったりすることを予防するための法改正の一環です。

令和5年4月28日までに施行されることになっています。

改正法は、施行日前に相続が開始した遺産の分割についても適用されます。

今まさに遺産分割について悩んでいる方にも関係のある法改正です。

遺産分割は、相続人同志で納得できないことがある場合には、放置されがちです。

20年前の相続について、それよりさらに20年も前の特定の相続人に対する贈与を特別受益と主張して争った事案もありましたが、近い将来、そういう事案は無くなりそうです。

10年経過してから、お互いに特別受益も寄与分も主張しないで遺産分割をする、というのも一つの方法ですが、

特別受益や寄与分の主張をしたい場合は、相続開始から10年を経過する前に遺産分割をしなければいけなくなります。

要注意です。

具体的な事案のご相談は、お電話ください。

ご本人はそれほど重要とは思っていないたった一つの事情があったために、全く違う手続を取らなければいけない場合や、全く見通しが変わってしまうことがあります。

具体的な事案については、信頼できる弁護士を見つけて、すべてを共有し、一枚岩となって進めれていけば、結果として、弁護士費用以上の効果を感じて頂けるはずです。

きちんと向き合えば、最後には気持ちの整理もつき、また、すっきりした気持ちで日々の生活を送って頂けるようになるのが、相続問題だと考えています。

当事務所では、相続と所有・共有不動産問題は、初回相談は無料です。

まずは、お電話ください。

 

相続・共有不動産のコラム

バーをクリックして、コラムをご覧ください。

お気軽にお電話ください

お電話をお待ちしております。

078-371-0637

受付時間:8:30~18:30(土日祝を除く)

JR神戸駅近く。お車でのお越しも便利です。