神戸の相続・不動産問題なら
坂田法律事務所
弁護士 坂田 智子
(兵庫県弁護士会所属)

〒650-0015 兵庫県神戸市中央区多聞通1丁目1番4号 のじぎくコーポ2階

受付時間:8:30~18:30(土日祝を除く)
JR神戸駅北口から徒歩3分。近くにパーキング多数あり。

相続相談 初回無料

相続、所有・共有不動産に関することはなんでもご相談ください。
風通しの良い応接室。オンライン相談も対応可。
お電話をお待ちしています。

まずはお電話下さい。

078-371-0637

共有不動産の家賃を独占されるときに出来ること

共有不動産がアパートなどの収益不動産の場合、共有者の誰かが一人で家賃を独占してしまって、分けてもらえない場合があります。

「なんかおかしいなぁ」と思いながら、そのままになっていませんか?

共有不動産の収益は、共有持ち分に応じて共有者のものになります。

賃貸借契約書に署名押印をしているのが共有者の一人であったとしても、署名していない共有者も、持ち分に応じて賃料を受取る権利があります。

遺産分割がまとまらないまま、相続人の誰かが遺産である賃貸マンションを事実上管理していて、賃料も取り込んでしまっている場合でも、同じです。

「おかしいなぁ」と思っているのなら、なにができるのか、早速弁護士に相談してみて下さい。

家賃を独占している共有者に対する返還請求する。

過去の賃料収入の、あなたの持ち分に応じた部分は、本来あなたが受け取るものなのに、それを取り込んでしまった共有者に対しては、「それを返してください」と請求する権利があります。

もっとも、共有不動産の固定資産税や管理のための費用なども、共有持ち分に応じて負担しなければいけませんから、その分は差し引かれます。

また、時効消滅する部分もあります。

詳しくは、共有不動産に詳しい弁護士にご相談ください。

直接賃借人に請求してみる。

賃借人から直接、共有持ち分に応じた賃料を振り込んでもらうことができれば、こちらとしては便利です。

賃借人に対して、共有持ち分に応じた賃料の支払いを請求する権利はあります。

しかし、一般の賃借人の方は、不動産の共有持ち分権者とはいえ、突然、契約書に書いてある賃料振込口座ではないところに、家賃の一部を支払ってくれと言ってこられたら、慎重になってしまいます。

「ややこしいことに巻き込まれるのはいやだから」と退去されてしまうのも困ります。

共有不動産の管理に詳しい弁護士と相談しながら、慎重に進めてください。

 

その他のメニュー

お気軽にお電話ください

お電話をお待ちしております。

078-371-0637

受付時間:8:30~18:30(土日祝を除く)

JR神戸駅近く。お車でのお越しも便利です。