神戸の相続・不動産問題なら
坂田法律事務所
弁護士 坂田 智子
(兵庫県弁護士会所属)

〒650-0015 兵庫県神戸市中央区多聞通1丁目1番4号 のじぎくコーポ2階

受付時間:8:30~18:30(土日祝を除く)
JR神戸駅北口から徒歩3分。近くにパーキング多数あり。

相続相談 初回無料

相続、所有・共有不動産に関することはなんでもご相談ください。
風通しの良い応接室。オンライン相談も対応可。
お電話をお待ちしています。

まずはお電話下さい。

078-371-0637

会社の廃業支援

ご自身の経営する会社についてのご心配はもちろん、高齢の親御さんの経営する会社についてのお悩みもご相談下さい。会社の廃業に関するご相談は初回無料です。

債務超過になる前の廃業

債務超過になる前に廃業する会社が増えています。

動いている会社を止めるのは大変です。廃業までの段取りは大丈夫ですか?

実質的には債務超過になるかもしれない会社の廃業

債務の弁済の順番は大丈夫ですか?

弁済の計画が必要です。

無計画に一部の債権者にだけ弁済をすると、最後に弁済できない債権者が残ってしまった場合に問題になります。

根抵当権の設定されている不動産を売却して、債務を一括弁済する場合など、債権者の了解を取りながら進めなければいけないこともあります。

取引先との関係は?

取引先には、いつ頃、どう伝えるのかも考えておきましょう。

継続的な取引先との契約はどうなっていますか?

従業員のことは?

廃業するには、従業員を解雇しなければいけません。

解雇予告手当の要否、雇用保険、健康保険の切り替え、特別徴収住民税の切り替えなども大切ですが、

従業員にいつどうやって知らせるのか、が大切です。

M&A 事業譲渡をできる取引先や同業者はいませんか?

安定した収益や特殊な技術がある場合は事業を買い取って貰えるかもしれません。

そうでない場合も、廃業するよりも、取引先と従業員の受け皿として、事業を買取ってくれる会社があればそれに越したことはありません。

 

債務超過の会社の廃業支援

破産手続を取らざるを得ない場合があります。

しかし、資金繰りが行き詰まっているわけではない、

代表者の債務は会社の債務の連帯保証だけ、

など、個別具体的な事情によっては、

債権者の同意を得て特別清算、特定調停などの手続きで債務整理をすることが出来る場合があります。

債務を全部弁済できるかどうか、やってみなければわからない場合や、

代表者の債務が会社の債務の連帯保証だけの場合には、一度ご相談下さい。

廃業支援の弁護士費用

弁護士費用はご支援の内容により異なります。

廃業までに必要な業務を検討しながら、予測される業務量を踏まえて、いつ、いくらの弁護士費用を頂くかも一緒に検討します。

目安としては総額で30万円~100万円(消費税別)程度をお考え下さい。

関連するコラムもご覧下さい。

お気軽にお電話ください

お電話をお待ちしております。

078-371-0637

受付時間:8:30~18:30(土日祝を除く)

JR神戸駅近く。お車でのお越しも便利です。